用語集

印刷に使われる用語を解説します

無料のお得サービス

通常表紙に利用する用紙と本文に利用する用紙は違うものを利用することが多いです。
表紙に使用するものは本文の物よりも少し厚く、パッと見てすぐわかるように色がついているものや、エンボスがかかっているようなものを利用することも珍しくありません。
表紙に利用する上で比較的多いもの、本文に利用されるものを下記にご説明します。

表紙に利用されることが多い用紙

レザック

報告書の表紙によく利用される紙です。右記写真のように表面にぼこぼことしたエンボス仕様になっています。下記のように様々な色からご選択をして頂くことが可能です。実際にはもっと濃い色のレザックもありますが、あまり濃い色ですと読みずらくなってしまいます。一般的には写真等を含んだカラー印刷には向かない用紙です。

マーメイド

報告書の表紙によく利用される紙です。右記写真のように表面に少しぼこぼことしたエンボス仕様になっています。下記のように様々な色からご選択をして頂くことが可能です。実際にはもっと濃い色のマーメイドもありますが、あまり濃い色ですと読みずらくなってしまいます。
一般的には写真等を含んだカラー印刷には向かない用紙です。

色上質

報告書の表紙や見返し・扉に利用される紙です。上記2種の用紙とは違い表面は平らです。下記のように様々な色からご選択をして頂くことが可能です。あまり濃い色ですと読みずらくなってしまいます。一般的には写真等を含んだカラー印刷には向かない用紙です。

タント

報告書の扉に利用される紙です。上記2種の用紙と。右記写真のように表面に少しぼこぼことしたエンボス仕様になっています。下記のように様々な色からご選択をして頂くことが可能です。一般的には写真等を含んだカラー印刷には向かない用紙です。

上質紙(微塗工)

報告書の表紙や本文にもっとも利用される紙です。右記写真のように表面がほかのマット・コート紙と比較しざらざらしているため、光沢感がなく読みやすい用紙です。

コート紙

報告書の表紙や本文に利用される紙です。右記写真のように表面がコーティングされており写真が多く利用されているカタログや写真集やチラシ等によく利用されます。上質紙と比較すると光が反射されるため、読み物がメインの冊子にはあまり使われていません。

マット紙

報告書の表紙や本文に利用される紙です。報告書でも写真と文が両方記載されている場合よく使われます。右記写真のように表面が若干コーティングされており写真が多く利用されているカタログや写真集やチラシ等にも利用されます。イメージとしては上質紙とコート紙の間の光沢度になります。

再生紙

報告書の表紙や本文に利用される紙です。行政の印刷物の場合、再生紙であることが義務付けられることがあります。ほかの用紙と比較し、再生紙のため、すごく小さい黒っぽい点のようなものが紙面にあります。

用紙の厚さ(斤量)について

下記にそれぞれの用紙の厚さの比較表となります。用途毎、冊子の厚さ等により最適な用紙は変わってきます。厚い冊子の場合は薄い用紙を選択し、薄い冊子の場合は少し厚めの本文用紙を選択します。ただし、用紙が厚くなると費用が上がっていきます。

用紙・用途・厚さ(斤量)比較表

用紙の重さは各用紙サイズの紙を1000枚まとめたときに何kgになるかで表現されます。重たい方が厚い用紙になります。下図を参照して頂ければお解りになりますが、四六判の90㎏と菊版の62.5㎏は同じ厚さになります。四六判と菊版の違いは用紙の大きさとなります。(四六判の方が大きいです)

本の名称

本の題名その他(部・章)を明示するページ。本のタイトルページで、通常ノンブルは印刷しない。巻頭につく扉を「大扉(おおとびら)」、本文中に挿入される扉を「中扉(なかとびら)」という。

見返し

本の中身と表紙をつなぐために表紙の内側に貼る紙。中身を保護するためと本の耐久力を保持する大切な役目を持っている。使われる見返し紙の厚さは、本文用紙より厚手で丈夫な紙を、本の仕上がりに対して縦目に用いる。平綴じの本で表紙の裏に糊付けされる見開きの紙。本文側の紙は遊びといい、表紙の裏に糊付けされる側はきき紙という。色紙を使用することもある。

本の綴じ側(背中にあたる部分)をいう。本棚に並べた際に見える部分

基本版面(づら)以外の余白部に書名・巻数・ページ数・章タイトル・節タイトルなどを配置したもの。

ノンブル

頁数を表記する数字のこと。ページ番号。丁数とも表現される。

製本

無線綴じ

報告書でよくつかわれる製本方式。ページ数が多い場合(48頁以上程度)によく使われます。本文ののど側(背がわ)にノリをつけ、表紙と張り合わせます。背には文字を印刷することも可能です。

中綴じ

ページ数の少ない冊子でよくつかわれます。紙の厚さにもよりますが、44ページ程度までが中綴じでよく使われるページ数です。真ん中のページの見開き部分と表紙の間を2か所ホッチキスで止めます。中綴じの場合、ページ数は4の倍数であることが必須です。

平綴じ

本ののど側(背がわ)を2か所ホッチキスで綴じます。無線綴じと比較すると強度が強くなります。
平綴じ後に表紙を無線綴じにてつけるケースもありますが、それ以外の場合、背に文字を印刷することはできません。

加工

片袖折(Z折り)

報告書でA3サイズで大きな表や図などを表示させたい際に利用する折り方です。挿入したページの外側を3つに折りたたんで挿入することから片袖折り加工(Z折り加工)と呼ばれています。

2穴明け

冊子に2穴をあけ、ファイルに綴じることがかのうになります。サイズは一般的なパンチと同じピッチ、穴の大きさになります(直径6㎜)。

PP・マットPP加工

Poly-Propylene加工のことです。印刷された紙に接着剤を塗布してフィルム(Poly-Propylene Film)を圧着させます。雑誌・カタログの表紙や書籍カバーなどで使用される場合が多く、フィルムを貼ることによる表面の保護や光沢感の向上などが主な目的としてあげられます。マット紙などでインキ量の多い絵柄の場合は、紙の構造上、紙の擦れ(こすれ)により印刷のインキが剥がれてしまう・転写されてしまうことがあるために、表紙などでPP加工やニス加工を行う場合があります。通常使われる物は、ツヤ・光沢のある仕上がりになる「PPフィルム」ですが、ツヤ消しの仕上がりになる「マットPPフィルム(クリアPPフィルム)」と呼ばれるものがあります。

白フチなし印刷

印刷物のはじまで絵柄が印刷されている冊子になります。A4ではじまで絵柄があるものをA4の用紙でプリンターに出力すると上下左右4・5㎜の白い余白がでると思いますが、実際の印刷では余白を出さずに全面を印刷することが可能です。白フチ印刷を行いたい場合は、実際の仕上がりサイズよりも上下左右3㎜ずつ大きくデータを作成する必要があります。本づくりの最後の工程で本のはじを切り落とす工程がありますので、上下左右3㎜づつ切り落とすことによって最終的には求めている仕上がりサイズになります。
例:A4版(210x297㎜)の場合、216x303㎜のサイズでデータを作成することになります。